COMPETITION

ケリースレーターのサーフボード選択

今年2009年のケリースレーターは、10回目のワールドチャンプをかけた1年でしたので、かなり注目されてました。

そんな中、初戦のゴールドコーストで、5’4″のクワッドを使用するという、我々からしたら暴挙とも思えるサーフボードの選択をしました。

またシーズン中にサーフボードが変わる変わる、世界一サーフィンのうまい男の使用するサーフボードに業界が振り回されていました。

今年の最終戦パイプラインでも5’10”?のクワッドを使用していました。

去年は、5’11″でパイプラインを戦ってました。

ケリーは、パイプラインほどの波で、どうして短い板を使うのか?という質問に、

『チューブの中で板がよく動くから』と言いました。

『えっ?』というリアクションしか思いつきません。

セミガン使用の世界トップサーファー達を相手に、板がよく動くからという理由で、5’11″やクワッドを出してくるのです。

38歳にして、今なお新しいことに挑戦し続ける姿勢はかっこいいですね。

さて、我々素人はどこまでこのクワッドや5’4″~5’8″くらいまでの短いボードに対応できるのでしょうか?

ケリーだから扱えると言ってはそれまでですが、難しいのは確かですよね。

ちょこちょこ、くねくね、動くサーフボードとして、その動きを楽しむのに最適なサーフボードです。

サーフィンスタイルによって、色々試してみてください。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php