COMPETITION

TAJ BURROW:タジバロウ

今年2009年、パイプラインを制した、タジです。

タジのここ8年間のWCT年間順位、今年から遡ります。

4位、3位、2位、4位、7位、6位、3位、4位です。

この安定感、実力がある証明ですよね。

ニュースクールの代表とさせてもらったタジですが、注目すべきは、EPSサーフボードを使用しているという点です。

ファイヤーワイヤーがスポンサーについています。

EPS、レールには木材であるバルサが使われ、エポキシコーティング、センターストリンガーはありません。

少し前のEPSは、たくさんの不満があったようですが、テクノロジーの発展により、そのような不満が徐々に解消され、EPSサーフボードが一気に浸透しています。

とりわけ、タジがパフォーマンス性を証明したことから、ファイヤーワイヤーはEPSの中では、トップレベルの評価ではないでしょうか。

テイクオフが早い、軽い、しなる、丈夫、などなど、実際に使用して実感してみてください。

色々なサーフボードに乗ることが、サーフィンの幅を広げてくれます。

思わぬ新発見をし、虜になるかもしれません。

たとえ失敗だと感じたとしても、自分の本当に合ったサーフボードはやっぱりこれだと、自信がつきます。

今のところ、購入いただいたお客様からは、大満足との感想がほとんどです。

Sさんからいただいたメールを紹介します。ファイヤーワイヤータジモデルについてです。

この板はヤバいくらいテイクオフが早く厚めの波でもってキッチリとらえてくれる程の早さにはびっくりしました。
ターンのキレもかなり良かったです。
テール&ノーズがワイドぎみではないので板の返しが楽そうな気がしました。
もっと面がよくてはっててつながりがいい波で入ったらかなり調子いい板には間違えないくらいヤバい板ですね。
テイクオフ後のスピードもかなり早く次へのアクションを入れやすいです。
全然失速をさせない板で、エアーを極めればかなり高く飛べそうな板だと思いました。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php