DIARY

太陽と面ツルの海を独り占め

今日は腰以下の小波コンディションで。

見渡す限り、波乗りしている人はいなかった。

朝日が上がり、無風の面ツル。

こんな日は、海の中で考え事をしてしまう。

波待ちは妄想の時間となる。

一人海の中から冬独特のオレンジの太陽を浴びて、何かいいことを思いつくといいのにな。

さぁ仕事仕事。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php