DIARY

ローカルサーファーの領域内、あのピークを目指して

ずいぶん前になる。

僕がサーフィンを始めた頃、ローカルサーファーは神だった。

サーフィンがうまかった。そして、邪魔すると怒られる。

海の中では全てが神のローカルサーファーに支配されていた。

幸運と今は思っているが、幸運にも僕がサーフィンを始めた土地は田舎だった。

田舎のサーフポイントは、知った顔しかいない。だから見知らぬ僕が、そして乗れない僕がパドルアウトをするとローカルサーファーからの神の目線がとても痛い。

波を取ろうとパドリングを開始すると、『おい』と叫ばれた。

ワイプアウトすると、『サーフボードを離すな』と怒られた。共に前乗りでもなかったし誰にも危ない目に合わせていない、あれは僕の波だった。

ローカルサーファーは夜明けの30分後くらいに来るため、僕は、夜明け前に着替え終えて、浜辺で待ち、波が見えたらパドルアウトをし、30分サーフィンを楽しんだ。

ローカルサーファーが来ると、ピークから外れ、あと1時間半浮かんでいた。

そして、サーフショップにお世話になった。そうするともうあと30分乗れるようになった。それでもやはりその後1時間は浮かんでいた。

うまければ乗れるはずだ、と自分の下手さを嘆いた。

当時、とても厳しかった僕のサーフィンビギナー時代は、今の僕にとってかけがえのない経験となっている。

昔からある田舎のローカルサーファーを知ることは自分のサーファーとしての考え方確立に、とてもいいことだと思う。

体育会系のサーフィンとレジャーのサーフィンの二つは全く異なるものだけど、海では嫌でも共存させられる。

ローカルサーファーはローカルサーファーとして、ビジターやビギナーサーファーはそれとして、今一度、海に入る前に考えたい。

自分の立場とそこのブレイクにある和を。

どちらも相手を思いやらなければならない。

どちらも相手の立場を考えないとうまくいかない。

『ピークはおれたちのものだ』、というのもうまくいかないし、

『海は誰のものでもないはずだろ、何がローカルだよ』、というのもよくない。

日本に帰って懐かしのビギナー時代を過ごしたポイントに入ったときに、そのポイントがレジャーなサーフポイントになっていたとしたら、おそらく僕は相当寂しい気分になるだろうな。

なぜか、未だ、神のローカルサーファー領域のままでいることを望んでいる、不思議な感覚でいる。

それでも次の機会があれば、僕は間違いなくピークに座る。

some posts that may be related

2 Comments

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php