DIARY

千葉県一宮町海岸侵食対策事業について

SURFRIDER FOUNDATIONの情報を見ていたら、千葉県一宮町がこのような問題を抱えているということでした。

オーストラリアにいると実感のわかないことですが、日本ではこのように、侵食対策として様々なところで工事が行われているようです。

やっぱり、海は海であってほしい。

サーファーであろうとなかろうと、海に行ってみたら、テトラポットだらけでは、とても寂しい思いがすると思います。

きれいな砂浜に青い海、魚も鳥もたくさんいるという姿を、後世に残すべきだと思います。

行政の予算を使い切りたい気持ちも、サーファーがサーフィンするポイントが減少するのを嫌うのもエゴです。

双方が、エゴをつつきあってるのでは寂しい。

我々が後世に残す自然ある日本のために、行政とサーファーが話し合うというのは、とても尊いものです。

意義ある話し合いをしている、この活動の地元市民の方々やサーファーの皆様、応援しています。がんばってください。

WEBでの署名はこちらです。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php