DIARY

2009年最後の挨拶

サーフボードを販売しておいて、なんなのですが、私はサーフィンで儲けようとは思っておりません。

活動を維持できる分、いただければそれで十分です。

ですので、購入予定のない方からのメールにも一生懸命答えます。

売上の一部のお金は、サーフィン業界の発展のために使用する機会が訪れたとき用に、積立しています。

サーフィンで苦になることを取り除いて、みんながサーフィンで幸せになれないか。に集中したいです。

日本は島国で、海の文化があります。波乗りもその中の一つです。

サーフィンが競技中心からレジャー中心へと変わっているように感じます。

ローカルサーファーの定義も変わってきました。

一方では、新しい門戸を開いて、サーフィンの楽しさをより身近に感じてほしいと思っています。

もう一方では、ローカルサーファーの存在や、サーフショップの存在は大事だと思っています。

この二つが葛藤の原因で、サーファーがバラバラになりえます。

無意味なテトラポット投入に、誰が意見できるでしょうか。

日本の代表的な自然となる海の良さを後世に残すために、サーファーが動けます。

サーファーのそれ自体が、バラバラではいけません。

ローカルだの、ビジターだの、で争っている場合ではなくて、路駐やゴミの置きっ放しで地域に迷惑かけている場合ではなくて。

サーファーの意識を今より高いところへ、

日本のサーフィン文化を今より尊いものにするために、何ができるのか、を考えて行動してみたいです。

そのきっかけが、このSURFING FREAKです。10ヵ年計画です。程遠いです。

サーフショップに行ってください。

ビーチクリーンの情報をもらいに行ってください。

ローカルコンペに参加してください。

今までけむたくてどうしようもなかった、ピークを陣取るローカルサーファーとの垣根がなくなっていきます。

私はかつて、本当にローカルサーファーが嫌いでした。当然です。波に乗せてくれないうえに怒られるのです。

でも今は違います。自分の理想のローカルサーファーとたくさん出会ってきました。

自分もそうなりたいと思うようになりました。

これからは、サーファーが一つになるべきだと思います。

サーフィンを尊いものに、サーフィン文化を発展させるために。

2009年はねず太郎とSURFING FREAKが動き出したばかりですので、最後の挨拶で私の気持ちを書かせていただきました。

2010年最後の挨拶では、少しは具体化したいです。

皆様のご意見をお待ちしております。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

some posts that may be related

2 Comments

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php