サーフィンマニューバー

サーフボードを返すときなぜ後ろに倒れるか【2】

サーフボードを返すときなぜ後ろに倒れるか【1】では、スピードが足りないから後ろに倒れるというお話でした。

今日は、スピードが足りないときは、スナップをしてはだめだというお話です。

そもそもスピードが出ているから、スナップやフローターやスラッシュなどのマニューバーがメイクできます。

スピードが出ていないときに、これらを狙いにいくのは、マニューバーの選択ミスです。

そのときやるべきことは、自分でスピードを作り出すか、スピードのつけやすい波のポケットに戻るか、ということです。

自分の持っているスピードでは、スナップを選んではだめだということを判断できましたら、即座にスピードを得られるマニューバーへ変更しましょう。

すぐに思い浮かぶマニューバーは、フラットカットバックです。

スピードがありませんので、波のポケットへ戻ります。

スピードがありませんので、大きく回れません。

フラット気味に、波の中腹で、とりあえずポケットへ戻るカットバックです。

上級者はそもそもスピードの出ないポジションにいないですが、いつもそこにいてしまうことや、そのポジションにいながらもスナップを狙いに行ってる私はまだまだです。

ということで、サーフボードを返すときなぜ後ろに倒れるか、は、スピードが足りないということと、マニューバーの選択ミスをしている、という2点が大きな理由となっています。

その後に技術論がきます。

大前提の2点を先に知っておくと上級者への道が見えてきます。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php