サーフィンはチューブに尽きる, サーフィンマニューバー

サーフィンはチューブに尽きる

そうです。

チューブライディング

私は、すっぽりチューブに入り、出てきたことはありません。

ですので、師から教わったことをお伝えします。

チューブライディングは、サーフィンの中で最もエキサイティングであり、最も難易度が高いと言われています。

ロデオフリップが一番難しいと言えば言えなくもないですが、そういう話ではなくて。

上級者のサーファーは皆、オフショアが吹けば、チューブを狙いに行くという気持ちがあるようです。

実際、オーストラリア人でサーフィンが好きな人は、チューブのためなら仕事を休みます。

オフショアが吹けば、平気で仕事中に帰ります。

普段のフリーサーフィンでもその気持ちは出ています。

少しでもチューブに入れそうなブレイクなら、ボトムターンからスナップというマニューバーには興味はなく、ポケットにセットしにいきます。

その辺は、徹底してると感じます。

こういう姿を見て、真似してみますが、なかなかメイクできません。

やはり中級者と上級者の間に大きな壁があるように思います。

どんな壁があるのか、私の師はどんな練習を積んだのか?

この辺を、次回から詰めていってみたいと思います。

次回は、チューブに必要なテイクオフです。

some posts that may be related

2 Comments

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php