サーフィンはチューブに尽きる, サーフィンマニューバー

早いテイクオフをするためにする2つのこと

沖からセットがやってくる

今日は、早いテイクオフをするためにする2つのことです。

前回、テイクオフの早さがチューブライディング成功の秘訣と書きました。

私の師はいつもチューブのことしか考えてない人ですが、私に言ったチューブのためのテイクオフについては、以下の2つです。

まずは、1つ目、『超高速パドリングを身につける』です。

2つ目は、『初動を早くする』です。

1つ目の超高速パドリングは、サーフィン上達の過程【1】で書いた通りです。

たくさんの方からメールいただきまして、『ちょっとずつ波を取るのが早くなってきた』という言葉もいただいております。

2つ目の『初動を早くする』ですが、これはすぐに直せます。

テイクオフのためのパドリングを始めてから、テイクオフするまでの時間が短すぎるということです。

もう少し沖で待って、パドリングでしっかりスピードに乗ってから波を迎えるのが大事です。

パドリングでスピードに乗るまでに時間がかかるのでしたら、その分沖で待ちなさいと。

そして、波をよく見て、波が入るのを早く確認しなさいということでした。

ゆっくり友達を話しながらサーフィンするのも最高ですが、チューブくらいのホレた波を狙うときはそうも言ってられません。

沖から入るセットを早く見つけて、パドリングでスピードをつけます。

いつもより、沖で待って、テイクオフするまでにパドリングでスピードをつけます。

自分にスピードがあると、突っ込む感覚がよく分かります。

スピードがないパドリングで、ホレた波が来ると、スッと上に持ち上げられ下へ落とされます。

うまくいくときは、パドリングの時点で、意識はもう突っ込んでます。

次回は、チューブの波でテイクオフ後にする2つのことです。

some posts that may be related

6 Comments

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php