サーフィンはチューブに尽きる, サーフィンマニューバー

チューブの波でテイクオフ後にする2つのこと

前足で突っ込む

チューブライディングを成功させる重要な要因は、テイクオフだというお話をしました。

今日は、テイクオフ後にする2つのことです。

1つは、『テイクオフしたら、前足で突っ込む』

2つ目は『自分でスピードを作り出す』です。

理解するのは簡単です。

1つ目です。

テイクオフした直後に前足で突っ込めますか?

私も練習中です。

まだビビッてるよ、と言われると少しへこみます。

よくチューブライディングの映像を見てると、サーフボードの前の方に立っているのを確認できます。

もちろん2つ目の『自分でスピードを作り出す』では、後ろ足の使い方も重要ですが、テイクオフしたその瞬間は、突っ込めなかったら、捲くられてワイプアウトです。

2つ目です。

ゆったりチューブを形成してくれるブレイクは、世界でもいくつも無いですよね。

通常は、ダンパー気味だったり、出口が見えないクローズ気味だったりです。

そんなときは、猛スピードで抜け切るというのがエキサイティングで、チューブの醍醐味でもあります。

この猛スピードは、サーフィン上達3つの過程【2】でお話した、自分でスピードを出す技術です。

超高速テイクオフができて、それから前足で突っ込んで、加えて自分でスピードを出せれば、ほぼチューブライディングの完成は見えてきます。

チューブライディングというマニューバーは、サーフィン技術の集大成です。

加えて波しだいという部分もあり、上級者サーファーを虜にしています。

エアーよりよっぽどです。

早くきれいに抜けてみたい。。

次回は、私の師が行った、チューブの練習方法をご紹介します。

チューブの練習方法【1】です。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php