サーフィンはチューブに尽きる, サーフィンマニューバー

チューブの練習方法【1】

チューブの中を知る

サーフィンのチューブの練習方法のお話です。写真はおおげさです。

今日は、【1】チューブの中を知る、です。

サーフボードも何も要りません。

ただ、歩いて海に入って行き、インサイドのダンパーをかぶってください。

かぶったときに、絶対に目を閉じてはいけません。

横を見て、ブレイクをしっかり自分の目で確かめてください。

これが、チューブの練習方法【1】となります。

チューブの中を知らない人が、チューブの中でサーフィンはできません。

とても地味ですが、これを繰り返すと、中の様子がよく分かるそうです。

どんな空間があり、どういう風に波がブレイクするのか、どうやってクローズするのか、を目を閉じずに観察してみてください。

ただし、その日の流れや、水の深さのチェックを忘れないように。

水難事故は、サーフボードやボディボードを持ってない人の場合がほとんどです。

海のチェックができない人と、泳ぎに自信が無い人はやらないでください。

オーストラリアでは、ところどころに海水浴エリアがあり、監視員がいます。

また泳げない人は、サーフィンをする前に泳ぎを覚えます。

この練習には、できる環境とできない環境があり、できる人とできない人がいる、ということを認識お願いします。

次回は、チューブの練習方法【2】です。

some posts that may be related

2 Comments

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php