ニュージーランドサーフトリップ, ニュージーランド旅行記

ゴールドコーストからオークランドへ

北風が強くなってきたゴールドコーストには、後ろ髪も引かれずに、僕らは午前9:00発のジェットスターでオークランドへ旅たった。

飛行機の上から見るD-バーはきれいで、やっぱりゴールドコーストもいいかなと思い直すも、すぐに、僕にはラグランが待っているぞ、と気持ちを入れ替えるのだった。

3時間15分くらいのフライトは、海外旅行となれば短いかもしれないが、高揚感と空腹感で、長すぎるくらいの3時間15分だった。

オークランド空港に着くと、オーストラリアとは違った空気を早々に感じることができた。とげとげしさがない、柔らかな感じ。後に、この空気のすばらしさをたくさん実感することになる。

僕らは、予約していたサザンレンタカーの平田さんと待ち合わせをしていた。平田さんはすぐに僕らを見つけて手を振ってくれた。マクドナルドの机と椅子を借りて、手続きを終えた。ステーションワゴンタイプで、空港借りの空港返し、6日間でNZ$310は助かった。

とりあえず、異国の地へきても、マクドナルドには興味がある。マックチキンを注文した。ニュージーランドに到着し、期待や楽しみやで、味は覚えていない。

おいしいと言いながら食べたのは覚えている。

オークランド空港からオークランドの市内へ、車で飛ばした。時刻はすでに現地時間で午後5時だった。

途中、コンビニで道を聞きながら、オークランドの市内の繁華街へ着くと、一気にテンションは上がり、きょろきょろする自分にハッとした。僕が住んでいるオーストラリアのゴールドコーストは、街というよりはリゾート地だ。オークランドの、街並みは少し日本っぽい感じで、都会を思わせる。

少し、探すと僕らの宿『City Travelers Auckland』を見つけることができた。インターネットで予約しておいたところだ。二人で一泊$69は助かる。きれいだし、とてもいいホテルだった。

不満と言ったら、駐車場についてカウンター番の男とやりあったくらいだ。朝8時まで駐車場から出れないというから、僕は朝一で波乗りに行くんだって言って。そうすると、日本語を話す怪しい人物が横から出てきて、この辺りの有料駐車場は、支払い機が故障中だから、全部無料だよ、と言われたりした。

結局、車上荒らしが恐かったが、夕方6時から無料になる路上に駐車した。空港に降り立ったときのあの空気を僕は信じることにした。

チェックインをして、時間は夜になりつつあったが、僕らはデボンポートへ行くことにしていた。デボンポートとは、オークランド街中の対岸の町。船で10分、往復$10。街の人たちの交通手段である。船の10分でビールを一本飲み干すローカルがたくさんいた。かっこよく見えた。

19時の船に乗って、対岸に渡ったが、なぜ、夜のきらいな僕がこの時間でも苦にならないかというと、オークランドは、19時でも明るかったのだった。おかげで、夜景目的で上ったMount Victoriaも、きれいな見晴台に上った感じだった。

結局日が暮れたのは20時20分。

おなかがすいてきたので、デボンポートの町にあるおしゃれな、ギリシャ系のレストランへ入った。今日は初日、少し豪華に夕食をとった。ピザのトッピングであるアンチョビとオリーブが塩辛くて参ったが、アジのあるお店で満足だった。

船に乗り、オークランドに帰ってきたのが、10時。外は寒くなってきたし、ホテルへ帰り、ニュージーランドサーフトリップ1日目を終えた。

明日からサーフィンしに行こうと気合が入っていた夜だった。

続き、ニュージーランド初サーフィンへ

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php