ニュージーランドサーフトリップ, ニュージーランド旅行記

ニュージーランド初サーフィン

3時間の時差は思ったよりもきつく、朝起きれなかった。7時に起きた。

前日にデボンポートのスーパーで買っておいた、日清のカップヌードルシーフードが朝ごはんだった。久しぶりの日清に喜んだ。できればカレー味がよかった。

朝ごはんを終えて、近くの中国人がやっているネットカフェへ。メールのチェックだけした。

ホテルを出たのが9時前。前日カウンター番の男とやりあう必要はなかった。

まずは、ピハへ。オークランドの町から近く、人気のあるサーフスポットということで、向かった。途中何度も道に間違え、40分で着くとされてたところを1時間半かけた。ものすごい霧と雨と風で、向かっているときから期待はしていなかったが、到着してみて案の定、海はかなりのmessyだ。

海に入るのはやめた。

ポイントの目の前の軽食屋のおじさんに、今日はどこもだめだぞと聞いて、ニュージーランド2日目もノーサーフかもと不安になった。

その親切なおじさんのお店でチーズバーガーとカフェラテを買った。そのチーズバーガーは強風と雨の中食べたものだったが、味は絶品だった。

それで、うなぎの街ピハをあとにした。

仕切りなおし。今日の目的地はラグランだ。世界のレフトブレイクの中で2番目に長く乗れると言われる波。それに乗るのが今回の旅の大きな目標の1つであった。

途中30分の仮眠と昼食で、3時間かかってしまった。

4時に今日の宿泊先、『ラグランバックパッカーズ』に到着。とても気のいいスタッフのニッキーという女性が親切にいろいろ教えてくれた。宿泊している人がざっと15人くらいはいるように見えた。ジャグジーに浸かっている人、ハンモックにゆられている人、ギターを弾いている人、ラップトップを開ける人、おのおの自分の時間を楽しんでいるように見えて、ゆっくりした時間が流れていた。

僕たちは、はやる気を抑えて、明日の朝食をスーパーで買ってから海へ出かけた。この時点で、ニュージーランドに着いて、24時間ノーサーフ。ゆっくりはしていられなかった。

ラグランのマシーンブレイクはサイズが無かったが、マニュベイの隣のビーチブレイクは十分な波があった。風をかわし、パワーもあり、ローカルサーファーが10人くらい入っていた。ニュージーランド初サーフィンは、このビーチブレイクに決めた。

絶景の眺めでのサーフィンだった。今日は、サーフィンできないかもと思っていたので、できて満足。水温は思ったよりも冷たかった。ブーツがいらないギリギリのライン。入ってしばらく冷たくて痛い感じ、日本の海を思い出した。

宿に帰って、外食が嫌なので、カップラーメンとパンを食べた。

僕たちは、今日はかなり疲れていた。

9時には寝ていた。

続き、いい波とロングドライブといい波へ

海に入るのはやめた。
ポイントの目の前の軽食屋のおじさんに、今日はどこもだめだぞと聞いて、オークランド2日目もノーサーフかもと海に入るのはやめた。
ポイントの目の前の軽食屋のおじさんに、今日はどこもだめだぞと聞いて、オークランド2日目もノーサーフかもと。

some posts that may be related

2 Comments

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php