ニュージーランドサーフトリップ, ニュージーランド旅行記

さらばニュープリマス

今日も朝から風が強い。天気が悪くないのが救いだが、風でとにかく寒かった。最後のニュープリ(後にラグランで出会う日本人二人組がこう呼んでいた)は、僕らのお気に入りのフィッツロイと決めていた。

昨日と同じで強オフショアだが、昨日より割れ方が整っていた。僕らは早速海に入ることにした。サイズも上がって肩~アタマの波が十分にやってくる。僕らはおのおの、良い波をつかんで楽しめた。寒くて上がろうかと思ったのが、まだサーフィン開始から1時間だった。

海からマウントタラナキがきれいに見えて、浜では乗馬をしている人がいて、そんな絶景のフィッツロイの最後のサーフィンは、最高で忘れられないものになるだろう。

城に戻り、パイン、ぶどう、フレーク、ロールケーキの朝ごはんを食べた。朝のビタミンは恒例になっていた。

30分ほど休み、ニュープリを出発した。途中、街にあったサーフショップ『NEW WAVE』に寄った。フィッツロイでサーフィンしていた何人ものローカルサーファーが使用していたボードがNEW WAVEだったから興味があった。お店の人に聞いてみると、ギズボーンでシェイプされているようだ。ギズボーンは今回行けなかったが、次のニュージーランドサーフトリップでは必ず行こうと決めているところだ。記念にNEW WAVEのセールTシャツ$25、一枚買った。NEW WAVEの文字が、ニュージーランドの国の形で作られている、いかにもお土産というTシャツだったが、僕はこの旅で、ニュージーランドを大好きになっていたので、これが一番気に入った。

次の目的地は、オークランドとの経由地点、ラグランだ。あのレフトのスーパーマシーンブレイクにもう一回乗りたい。また、4時間かけてラグランを目指した。

次の目的地は、オークランドとの経由地点、ラグランだ。あのレフトのスーパーマシーンブレイクにもう一回乗りたい。また、4時間かけてラグランを目指した。

ラグランに着く少し前に、ブライダルベールフォールと呼ばれる滝があり、そこに寄った。少し歩くと、滝に着くわけだが、滝の下に着くのではなく、滝の上に着くのだ。離れたところから見るのではなく、滝の出口のすぐ隣、2mくらいのところから見るのだった。滝の高さは、50mはあったと思う。大迫力の水の出口で、とても名前の由来である、ブライダルベールに似ているとは思えなかった。滝の下にも行けたが、下からでも十分迫力があった。

それから、宿探しだ。旅2日目に泊まった、ラグランバックパッカーズもいいところだったが、せっかくなので、別のところを探した。

ラグランのレフトスーパーマシーンブレイク、マニュベイのそばにある、バックパッカー『ソルスケイプ』に寄ってみた。エコがテーマのこのバックパッカーは、電車の一部が部屋になっているおしゃれなところだ。たくさんの人で賑わっていた。ヒッピーっぽい人もいた。

空き部屋があるか聞いてみると、幸運にも一つだけ空いていた。部屋を確認しに行って、二人ともすぐにここに泊まりたいと思ったので、ここに決めた。しかも二人で$60は安い。本格的なバックパッカーで、たくさんの人とキッチンを使い、シャワーとトイレを使うスタイルだ。

ソルスケイプに来る前に今日の夕食と明日の朝食の買い物を済ませていたので、早速マニュベイに向かった。ニュープリから4時間も走ったが、まだ変わらず、風が強かった。でも、マニュベイの面は大丈夫だった。二人で海に飛び込んだ。胸くらいの波で、やはりスーパーマシーンブレイクだった。沖では、駐車場にいた日本人二人組との会話も楽しんだ。ニュージーランドを旅して回っているようで、ニュープリから来たらしかった。

今回も、気さくで優しいローカルサーファーばかりで、最高のサーフィンだった。

ソルスケイプに帰ると、夕食の準備だ。キッチンは、たくさんの旅人でごった返していた。みんな、それぞれの料理を作っていた。旅慣れした印象を受けた。僕らは、スーパーで買ってきた、出来あいのピザとラザニアを温めた。

日本人は僕らだけで、たくさんの白人に囲まれると、やはりまだ慣れない。外で夕食を食べた。ポーカーに混ざらないか?と誘ってくれたが、僕は断ってしまった。ありがとうが言いたかったが、言いそびれた。

明日の朝一のマニュベイが待っているので、早めに寝た。すぐに寝つき、朝までぐっすりだった。

続き、マニュベイに負けてオークランドへ帰還へ

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php