サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

サーフィンもうまくならない時期が必要

何でもそうなのですが、パッと始めてパッとうまくなったらおもしろくありません。

もしくは、最初はおもしろいと思っても長続きしません。

いきなりボスが出てくるファミコンソフトはありません。

色々回り道するから、達成したときの感動が大きくなります。

難しくて、全然上達しなくて、悔しくて悔しくて。

雪が降っても海に行って、スケートボードして、DVD観て、How to本を読み漁って、サーフボードは何本も買って、筋トレして、、、それでもうまくなりません。

サーフィンは突然うまくなります。(サーフィンはある日突然うまくなる、はこちら

それだけがんばった後の達成感は、想像を絶するでしょう。

高校受験や大学受験よりもすごいです。

ハッピーすぎて落ち着きません。

だから、今すぐに上達してなくても大丈夫です。

むしろなかなか上達しないでいるサーファーの方が、始めていきなりうまくなったサーファーよりサーフィンを楽しむことができます。

長いスパンで見れば、サーフィンというスポーツを楽しんだのは、時間のかかった人です。

どっちがサーファーか、って言えば、いきなり来るドアを探し続けて今日もサーフィンのことを考えている人がサーファーです。

うまい・へたではありません。

ローカル・ビジターでもありません。

サーフィンはそんなに浅いものではありません。

サーフィンは思ったよりも楽しいです。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php