サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

自分のレベルが止まっていることに気づく

レベルアップのためには、その意識が要ります。

何年サーフィンしているというのは実はあまり関係なく、5年でプロサーファーになる人もいますし、なかなか上達しない人もいます。

大事なことは、自分が今止まっていると感じること、だそうです。

サーフィン歴2年くらいではあまりありませんが、中級者レベルおおよそ5年くらい経ち、ある程度サーフィンができるようになったとき、そこから止まるサーファーが多いということです。

そして乗れていることから、止まった事に気づかないということです。5年後も10年後も変わらずになってしまいます。

私も師匠に会わなければ、サーフィン歴5年の頃の悲惨なサーフィンのまま今を迎えているのではと思います。

乗れるサーファー、中級者サーファーに大事なことは、自分でスピードを出すことです。

何回もすみませんが、サーフィン上達3つの過程【2】です。こちらを身につけずに上にいきますと10年後も同じサーフィンをしています。

海の中で上手なサーファーが少しだけいます。ビギナ〜中級者が大勢います。

ほんの一握りのこれに気づいた人だけが、上手なサーファーです。気づくのも難しいですし、実行することはもっと難しいです。

実行することは、長いボードに乗って、大きなフィンをつけて練習することのみです。

近道はありませんし、これくらいでいいだろうという妥協もいりません。

自分で加速できるようになったサーファーへ、上級者への階段が開かれます。

今必要なことは、自分に必要なことは何か、次のレベルに行くために、行動を起こすことです。止まったままにならないように。

サーフィン歴が何十年経っていたとしても、この行動が遅すぎるということはありません。

(※こちらの考え方は、コンペティターのようなアクションサーフィンを目指す方向けです。)

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php