サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

長めのサーフボードとは

長め長めと書いてありますが、長めのサーフボードのサイズの基準はありますか?

というご質問を多数いただいております。

人によりますので、長めという抽象的な言葉を使っていますが、その人によるとは何でしょうか。

ちゃかちゃか度合いと思ってください。

ちゃかちゃかしていればしているサーファーほど長く、していなければプロ基準の身長プラス2インチに近づけても大丈夫と判断します。

ちゃかちゃかというのは上半身だけ一生懸命でボードがついていってない状態です。

連写で画像を撮ってもらうか、ビデオを撮ってもらうかすればすぐに自分のライディングが分析できますので、ぜひ友達などと交代しながら自分達のライディングを撮ってみてください。

上半身と下半身がバラバラの場合を、ちゃかちゃかしていると表現しています。

バタバタしているイメージです。

ちゃかちゃかの考え方、修正はFLOWの項に書いてあります。

しっかりボードに荷重ができ、ボードを走らせることができるサーファーはそれほど長いボードは要らないと思います。

どうか長めのボードを使用して、バタバタ、ちゃかちゃか、忙しそうにサーフィンをしないで、しっかり踏み込むサーフィンを覚えていってください。

最高にかっこいいサーフィン手に入れてください。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php