サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

1インチだけ長さの違うボード

プロサーファーでよく見るサーフボードのサイズ違いの持ち方です。

パフォーマンスボードを自分の好きなサイズにし、1インチ長さを短くして幅と厚みは全く同じにしたものを小波用とします。

小波用は、ロッカーを弱めたりレールボリュームを上げたり、ノーズ幅やテール幅を広げたりします。

これだけの変化があるため、幅や厚みは変えなくても1インチ短くするだけで小波用として大きく機能するというのが上級者の考え方かもしれません。

参考にしてみてください。

なお、一般的な小波用ボードのサイズ選択の基本は、たとえパフォーマンス寄りの小波用ボードであったとしても、2インチ短く、ハーフインチ幅広く、1/8″厚みを上げるなどです。

このサイズの違いと、ロッカー、レール、ノーズテール幅が変わってきます。

これは大きな違いです。

さらにミニボード系となりますと、もっとサイズが変わり、もっと各シェイプが変わってきます。

選択肢は広がるばかりですね。

次は、モデルも同じサーフボードです。

 

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php