サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

サーフボードにはまりにいく

サーフボードにはまっていますか?

サーフボードに対して、新しいモデルに対して、これってどうよ。と言っていませんか?

はまっていく人が楽しんでいる人です。

ディズニーランドも同じです。

ミッキーの中の人は、、、など考える人は何も楽しむことができません。

中の人シフトとかあるのかなぁ、と思っている人はディズニーワールドに無理やり誰かに引きずられて来た人です。

楽しむ人は、夢とファンタジーへ自分から入っていきます。

サーフボードも同じです。

自分からはまりにいきます。

このサイズ、このモデルってどうよ?と考えていてはいつまで経ってもサーフィンを楽しめません。

これ良さそう♪、へぇそうなんだ試してみよっと♪、といった感じの方はサーフボード選びを楽しんでいます。

そういう人は、たとえそのサーフボードがダメだったときでも、自分にとって本当にいいものが分かってくるので、その後も100%楽しんでいます。

自分からサーフィンの世界へ、サーフボードへ、はまりにいってみてください。

もっと楽しめるかもしれませんね。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php