サーフィン哲学, サーフィン哲学その他, サーフボードオーダー

サーフボード選びの失敗

サーフボード選びでは、失敗してください。

おもいっきり失敗してください。

私もオーダーしたボードが、なんだこれは!調子悪すぎるにもほどがあるじゃないか!と思うサーフボードと出会ったこともあります。(今の時代はなかなかないですよね)

各メーカー、どのページ見ても、全て、今までで最高のボードだと書いてあります。

テイクオフも早くて、走りも速くて、返しも速くて、ドライブも効いてと書いてあります。これらは全て宣伝文句と思って下さい。すべてのボードにそう書いてありますからやっかいです。

ときに、最悪のボードが届くかもしれません。

しかし、ここからです。最悪であればあるほど、ラッキーです。最近最悪のボードが来ることがかなり少なくなりましたが、来たらラッキーです。

何が自分に合わないのかが分かるということです。

決定的な何かが分かります。

マジックボードゲットの確率は一気に上がります。

何回オーダーしても、調子がそこそこのボードが毎回来るようですと、いつまで経ってもマジックボードに出会えません。何が悪いか分かりづらいからです。

一回思いっきり失敗したボードに当たると、一気にマジックボードゲットに近づきます。

とてもラッキーなことです。

それはメーカーなのかもしれません。モデルなのかもしれません。サイズなのかもしれません。レール、テール、ボトム、etc..

次のサーフボード選びでは、ぜひ新しいことを試してください。

たとえその新しいことが失敗だったとしても、長い目で見れば、マジックボードを手に入れるために必要な仮定になります。

サーフボードの失敗は、うれしいことです。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php