サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

考えてみたよりやってみた

つくづく思います。

サーフボード選びってすごく難しいです。

サーファーごとに乗るべきサーフボードは違いますし、一人一本なわけないですし。

そのサーファーが移住すればそれはそれで、また必要なサーフボードが変わることもあります。

ものすごいたくさんの要素が絡まり合ってるからこそ、マジックボードに巡り会う確率は少ないのかもしれません。

でも、最近たくさんのお客様とメールでやりとりさせていただいて、よく思います。

色々考えてみた、というよりは、色々やってみた、の方がはるかにマジックボード確率が上がっています。

へぇそうなんだ。じゃそれにするよ!

前回はこうしたら、こうだったから、今回は試しにこうしたい!

など、私と相談しているときに、私のメール読んだその瞬間からもう実際に動いてるくらいのタイミングの方っていらっしゃいます。

私は、自分のサーフボードをオーダーするときにグズグズしてしまう方です。

あっやっぱりこっちかな。あっでもこっちだろうな。レールどうしようかな。

って考えてるうちにニューモデルが出たりします。結局いつまでも決められません。

頭で考えているうちはマジックボードに出会えないのかなと感じます。

私の一番のマジックボードは、

『ほれ、これくらいのサイズ乗ってみたほうがいいよ。』

と言われたボードです。

考えているより、パッと動いてしまう人にはかないません。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php