サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

テイクオフが遅くてその後も不安定なら

テイクオフが遅くて、立ったときにはすでに波が割れてしまっています。

また、立った瞬間不安定になり、グラグラっとします。

ワンテンポ遅れて、自分の体勢を作り、さぁ行くぞと思ったときにはスープに捕まっています。

この光景は、本当に良く見られます。私は毎日海に入ってますが、本当に毎日見ます。

たくさんのサーファーがこのパターンを上達の過程で経験しています。

自分の体勢が整ったときにまだ波があれば、アクションも入れられたりします。

アクションも入れられますので、もう何年もサーフィンをしていると思います。

テイクオフが遅いのと、不安定な第一歩、それが足りないだけです。

大事なそれらを手に入れると、どんな波でもマニューバーを入れてサーフィンできます。たまたまいい波のときだけアクション入れられるとは違います。

テイクオフが早い場合は、ブレイクのピークで立ちますので、波の力を十分に使うことができます。

安定するサーフボードは、乗った瞬間から自分の体勢で波に乗れますので、すぐに加速できます。

見せかけのアクションではない真のビッグアクションを手に入れるには、まずはこれらの改善です。

だから、お願いします。テイクオフが遅くてその後も不安定なら、長くて幅のあるサーフボードに乗ってください。

自分の身長・体重に合ったサーフボードを乗るのは、テイクオフが早くなり、第一歩目から全体重がボードに乗った安定したライディングができるようになってからで、遅すぎることはありません。

動かしやすいテイクオフが遅いボードと、動かしにくいがテイクオフが早く安定して第一歩を踏み出せるボードでは、後者を選びます。

ピークから乗れて、第一歩で加速できますので、動かしにくいはずが、動かせます。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php