サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

重心が高い低いはレベルに応じて

重心が高い低い、腰が高い低い、足をもっと曲げる伸ばすは、色々な場面でサーフィン技術向上のためのアドバイスとして使われます。

人によって言っていることが違うということがよくありますので、ハイパフォーマンスレッスンではどうか、をお伝えします。

重心についてアドバイスが、3つのサーフィンレベルに応じて、違います。

1、ビギナー

ビギナーは、とにかく重心が高いです。膝が伸びてます。まずはフラフラしないように、しっかり腰を落とします。

重心は低くというアドバイスになります。

プロサーファーと同じ体勢を取ってみてください。こんなに低いの?と思うはずです。

2、中級サーファー

中級サーファーは、重心低くテイクオフし、重心低くボトムターンをし、重心低くトップターンをします。

これでは、パワーの抑揚がつけられません。ボトムでスピードを爆発させるために、一回抜重します。抜重のときは重心が高くなります。

重心を低いままにしないというアドバイスになります。

一度抜重してからその勢いで踏み込み、ボトムでスピード爆発させます。

3、上級サーファー

上級サーファーは、重心を低いままテイクオフし、低いままボトムターンし、低いままトップターンしながらも、その中で加重の抑揚をつけます。

重心低いままで、抜重し、低いままで踏み込み、ボトムでスピードを爆発させます。

これはスノーボードも同じですが、プレスしたまま抜重と加重をするターンです。

重心を低いままにしようというアドバイスになります。

上級者は、ずっと体勢が低いにも関わらず、その中で抜重と踏み込みをしています。

このように、レベルに応じて、重心の高さについてのアドバイスが変わります。

ある人は、腰が高いのはダメだと言い、ある人は、腰が低すぎるのはダメだと言います。

自分の実力がどこにあるのか、知っていれば、練習の意義が分かると思います。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php