サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

サーフィンは淡々とやろう

ハッピーサーフィンご協力していただいていて、つくづく思うのですが、ハッピーは競争から生まれていません。

勝ってハッピーを感じるというのは少なく、自然や友達とのつながりにおいて、ハッピーを感じる人が圧倒的に多いです。

一番になってやろうとか、あいつよりうまくなりたいなど、少なからずありますが、もっと大きなハッピーは別にあると思うのです。

波のブレイクのトップから岸まで乗りつなぐと波と一体化した気分がして気持ちよかったから、続けていたらプロになっていた。

海の中から見る朝日を毎日追いかけていたら、いつの間にかサーフショップを始めていた。

サーフィンが好きだから、就職活動は会社が海のそばにあるところを第一条件にしていた。

勝ち負けを追っていたら、なんで自分はうまくならないんだろうと凹みます。

本当は知っているサーフィンのハッピーを求めて淡々とサーフィンしている人は、いつもサーフィンを笑顔で楽しんでいます。そして実はこういう人が一番うまくなります。

サーフィンが競争の人はいつも悩んでいます。海ではピリピリしています。

淡々と大好きなサーフィンを続けている人は、いつも笑顔です。海では、波も譲ってくれるし、挨拶もしてくれます。

次回は、サーフィンは淡々とやろう【2】です。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php