DHD, サーフィン哲学

サーフボードを見て触る

目の前にあるサーフボードをチェックするときに、どこを見ますか?

何を触りますか?

今日のメルマガでは、ダレンハンドレーがサーフボードをチェックする方法をご紹介しましたが、皆様もご自身のチェック方法を確立することをオススメいたします。

いつも同じがいいです。

かなり正確にいつもと同じ見方、触り方を体にしみこませてください。

ダレンの7項目のように、自分の項目を作るといいかもしれませんね。

サーフボードをチェックできるようになると、店頭のストックボードを買えるようになります。

私の経験ですが、

全く興味のないブランド、全く興味のないサイズのサーフボードで、持ったフィーリングが良かったものが、とある店頭にありました。

そのときは、あっこれいいな。という感じで帰宅したのですが、5日間迷いましたが、そのフィーリングが忘れられず、購入しました。

そのサーフボードは今でも私にとって、これまでの中で一番のマジックボードです。

サーフボードを見て、触って、フィーリングをつかむということは、これほどまで大事なことなんだと実感した出来事でした。

友達のサーフボードでも構いません。なるべくたくさんのサーフボードを手に取り、見て触って、フィーリングを確かめる癖をつけるといいかもしれませんね。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php