サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

コーチングを受ける意味

サーフィンが本当にうまくなりたかったら、コーチをつけます。

自分の癖をなおしてくれる、自分専用メニューを作ってくれるコーチが最適です。

しかし、技術面もそうですが、それ以外にもっと大事なことがあります。

むしろ、トッププロ達は、その別の方を重要視しています。技術面は自分で勉強できるという人が多いですね。

技術面以外の大事なこと、それはメンタルです。

ひとつは、集中すること、ひとつは、平常心を保つこと、の2つです。

集中すること、はコンテスト力に直結しますが、サーフィン上達にはとても大事なことです。コンテストに出ると不思議と一気に上達するのは、集中してサーフィンするようになるからです。

波を真剣に選びます。1本の波に全てを賭けます。

この集中力がサーフィン上達を加速させます。

コーチが浜で見ているとこの集中力が最大になります。トッププロでさえ、練習!と決めて一人で集中するのと、コーチが浜で見ていて集中するのでは全然違うと言います。コーチが見ていた方が、より集中できるそうです。

コーチをつけて、自分を集中させるという目的を持っているプロサーファーはたくさんいます。

アマチュアの我々ならもっとこの集中力の差が出るでしょう。

平常心を保つこととは、気合いの入れすぎ、ミスに対して怒ること、などを避けるということです。

コーチがいることにより、気持ちをコントロールします。

一人で練習しているときは、肩に力が入り、おりゃーっとリップめがけて行きます。そしてできないことに怒ったり凹んだりします。

コーチはそれに対し、冷静に分析、アドバイスをくれます。

ミスをする自分はダメなサーファーだと思ってしまう自分から開放してくれるのがコーチです。

平常心、心に余裕を持たせてくれると、不思議とバシッと決まるものです。

何もコンテストに出るサーファーではなくとも、自分のコーチを見つけ、たまに見てもらうということが、とても大事です。

ぜひやってみてください。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php