サーフィンビギナー, サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

サーフボードの長さとパドリングとテイクオフ【2】

前回の記事、サーフボードの長さとパドリングとテイクオフに対して、ご意見いただきました。

短いボードでテイクオフの滑り出しも早くしたい!

です。

実際に短いボードに乗ってみて、テイクオフがスーパー早い!となることはよくあることです。

短いボードは滑り出しが遅いのになぜこんなに早いテイクオフを実感できるのでしょうか。

これは、浮力アップによるものです。

前回の記事では、6’3″と5’4″の浮力を一緒にしました。

実際にマニューバーのことを考えればこれが一般的です。同じくらいの浮力に設定してボードバランスを変えます。

ただ、マニューバーのことは少し置いておいて、ダラダラ割れづらい小さな波、ロングボードを使いたいという波では、浮力アップの小波用ボードが必要です。

このボードの場合は、長めのパフォーマンスボードの浮力よりも一気に浮力アップさせ、テイクオフ優先とします。

長さは短くなったとしても、浮力は大幅アップですので、滑り出しが遅いという不利を補うに十分です。

こうした場合は、短いボードでもテイクオフは早くなります。

前回は、

6’3″ 18 3/4″ 2 3/8″と

5’4″ 20″ 2 3/8″の2本を比べましたが、マニューバーは置いておいて、テイクオフ優先の浮力アップボードですと、

5’6″〜5’8″ 20″〜20 1/2″ 2 3/8″くらいのボードになります。

こちらは、短くなっても浮力がアップですので、アドバンテージがあります。

引き続きパーリングはしやすいです。また、多少動かしづらさや、ドルフィンしにくさ、など気になるという方もいらっしゃいますが、テイクオフ優先のダラダラな波専用と考えれば、楽しめるボードになります。

テイクオフが早い遅いは、長さが滑り出しを決めるという前提がありますが、浮力を変えれば、バリエーションは無限にあります。

サーフボード選びは楽しいです!

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php