サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

余裕あるサイズのサーフボード

Photo By YAMATO

サーフボードのサイズを検討するときに、どうしてもひっかかることがあります。

ジャストサイズにするか、余裕あるサイズにするか、です。

自分のサーフボードをオーダーするときでもじっくり考えます。

お客様のサーフボードのときはもっとです。

サーフィンコーチはこう答えてくれました。

ジャストサイズの場合は、10本乗ったら2本スペシャルなライディングができる。

そのほかは、それほどよくないだろう。

余裕のあるサーフボードの場合は、10本乗ったらグッドなライディングが5本できる。

スペシャルの割合は減るが、グッドなライディングが一気に増える。

100本乗ったら、20本のスペシャル対50本のグッドとなる。

これが続けば続くほど、サーフィンがうまくなるのは、50本のグッドなライディングだ。

ビギナーは特にここを間違えると上達が止まるだろう。

当然これは、上級者ほど当てはまらないと思います。

また、スペシャルな2本のために、サーフィンを楽しんでいる人もたくさんいます。

私もスペシャルが出ると、一日中気分がいいものです。

グッドなライディングで、メキメキとサーフィンの実力をつけたい方、オーダーの際はお知らせください。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php