サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

フィニッシュをもっと考えよう【2】

一番イメージしやすいのが、波の最後、クローズアウトセクションです。

波の最後は浅くなっていることが多く、インサイドで巻いています。

このインサイドでは、巻いたリップと一緒にジャンプする要領で、フィニッシュすることが多いです。

このフィニッシュが一番メイクしたかどうかが分かりやすいです。

そこで当てることだけ考えていると、そのままたたきつけられます。

できるかどうかきわどい感じで、フィニッシュを狙いに行っていての、失敗は全く問題ありません。

フィニッシュのことを全く考えないで、ただリップにボードを持っていっていることに満足しているのは間違いです。

どうしたらフィニッシュできるかを考えて、無理ならきわどくないタイミングで早めにノーズをビーチに向ける、これに気づくと、上級者に向かっています。

フィニッシュできるマニューバーが、徐々にきわどくなっていきます。結果的に、すごくきわどいリップに当て込めるようになるということです。

次は、フィニッシュをもっと考えよう【3】です。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php