FLOW, サーフィン哲学

サーフボードサイズ|FLOW【6】

サーフボードのサイズについてです。

前回、シングルフィンサーフボードがFLOWの練習にぴったりというお話をさせていただきました。

そこで、すぐにシングルフィンをご購入されて、ご報告いただいた方もいらっしゃいました。ありがとうございます。このスピード感私は大好きです。

さて、シングルフィンのように、驚くほどライディングが変わりませんが、普段使用するスラスターのサーフボードのサイズを考慮することで、FLOWの練習ができます。

大きめのサーフボードに乗るということです。このSURFING FREAKではときに直接ときにやわらかく、ただこのことのみを伝えたくて書いています。

これしか言うことはありません。この先もずっと一緒です。

マニューバーを練習する過程では、余裕のあるサイズのサーフボードに乗ります。上達速度が違います。

FLOWの練習が正にそうで、簡単に動いてしまうボードではチャカチャカ乗れてしまいますが、長さ(必須)があり、ある程度のボリュームがあれば、簡単に動かせないので体重のかけ方を考えるようになります。

踏み込む練習ができます。

余裕のあるサイズのサーフボードはスピードが出ますので、FLOWの練習ができます。

しかもマニューバーが決まりやすいということで、いいことだらけです。

日本人は世界一小さいサーフボードに乗ります。体格の問題ではなくて、体格の割にサーフボードサイズが小さいと有名です。

だってみんなこんな感じのボードなんだもん、と私も自分の体格の適正サイズのボードに乗ってました。そのボードで世界に出たら、とても恥ずかしい思いをしました。

それを卒業して余裕のあるサイズのサーフボードに乗ってからからサーフィンが始まったと思っています。

次回、FLOW【7】です。

some posts that may be related

4 Comments

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php