サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

波質を知るとサーフィンがうまくなる【3】サーフボード

波質に合わせてサーフボードを選ぶことができますと、マニューバーの練習がしやすいです。

ギンギンのハイパフォーマンスボードで、たるい小波で練習するのは上級者でしょうか。

反対に短いファットなボードで、張った波にいくのもデーンレイノルズです。こちらも上級者でしょうか。

効率よく上達するために、ホームブレイクの波質を知ることと、日々の波質を判断すること(いつもより今日はどうか)が大事です。

それに合わせてサーフボードの選択ができます。

サーフボードの選択を間違えなければ、上達速度は急加速です。練習がしやすいからです。サーフボードの選択がバッチリきまりますと、マニューバーのコツをつかみやすいです。

ただ、間違えてはいけないのが、たるい波用のサーフボードは、人によってはパフォーマンスボードであり、人によってはミニボードであるという点です。

サーファーそれぞれに、たるい波用のサーフボードがあります。

反対もあります。

張った波用のサーフボードは、人によってはパフォーマンスボードであり、人によってはミニボードです。

サーファーそれぞれに、張った波用のサーフボードがあります。

ボードの解説を見て、張った波用にパフォーマンスボード、たるい波用にミニボードを持って、選択した!!という気でいますと、間違えます。

それほど簡単ですと、みんなマジックボードを持てます。

サーフボード選びの一番難しいところは、人によって違う、という点です。

こちらがねず太郎とご購入者様がいつもメールでやり取りする点です。たるい波にどのボードがいいかというのは愚問です。その人にとってたるい波はどのボードかが大事です。

まずはホームブレイクの波質を知ること、そして今日はどうかを把握すること、その後、それに適したサーフボードに乗ること、これらが間違えなければ一気に上達します。

がむしゃらにサーフィンしなくても、考えてサーフィンすれば、短時間でも上達できます。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php