サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

サーフィンの練習

サーフィンの練習とは、のお話です。テイクオフができるようになった後です。

1、マニューバーを知ります。

まずはマニューバーには何があるか、どういうときに必要なのか、どうなったらコンプリートなのかを知ることから始まります。

2、マニューバーを練習します。

トライ&エラーで、練習します。

3、繰り返し練習します。

できるようになってきたら、次のステップです。より確実に、よりパワフルにできるように精度を上げます。

以上です。これだけです。

サーフィンだけでなくても、繰り返しに勝るものはありません。

プロゴルファーは、子供の頃から、ずっと球を打ち続けています。

どれだけトッププロでも、まだ打ち続けます。

一日中やってる人がほとんどです。

そういう人がプロになっていきます。

才能は二の次です。

繰り返し練習するために必要なサーフボードがあります。

自分の体重をちょうど支えるくらいのスーパーパフォーマンスボードで、2のトライ&エラーをしていませんか。効率がよくありません。

繰り返し練習ができ、マニューバーを覚えやすいサーフボードが一番うまくなります。

3にいったら、思う存分小さいサーフボードを使えばいいと思います!

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php