サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

正しいサーフボードを使用する

自己流を避け、正しい方向へ進むためには、サーフィンコーチを探すことが一番ですが、正しいサーフボードを使用するというのも大事です。

正しいサーフボードとは、

  • テイクオフを覚えるサーフボード
  • 波を乗りつなぐことを覚えるサーフボード
  • コンペティター用のサーフボード
  • ファンサーフ用のサーフボード
  • 小波用サーフボードやビッグウェーブ用サーフボード
  • 自分の体型に合ったサーフボード
  • 自分のレベルに合ったサーフボード
  • 自分のサーフィンスタイルに合ったサーフボード
  • ターゲットとする波質に合ったサーフボード

挙げだしたらたくさんになってしまいますが、ここはしっかり吟味してサーフボードの選択をしたいものです。

あまり高頻度で海に行けないが、行ったときは、テイクオフをたくさんして、波に乗ることが楽しくて、仕事のストレス発散になり、ガツガツしないで、笑顔で海に浸かっていたいというサーファーがいたとします。

そのサーファーが、ぺらっぺらのハイパフォーマンスプロモデルで、浮力が、体型ぎりぎり、もしくは足りないくらいのサーフボードを使用するというのは、間違っています。

間違いですが、よくあることです。それに本人が気づいていないのがほとんどです。

私がそうだったからです。

適性体重をしっかり確認して購入したサーフボードですし、うまい人がこういうボード使っているし、これが正しいと思って使用してしまいます。

そのサーファーが、自分に適したサーフボードを使ったら、うれしくて飛び上がるでしょう。

サーフィンに高頻度で行くようになると思います。

サーフボードはどれも同じではありません。

必ず、その人がよりハッピーになるサーフボードがあります。

正しいサーフボードを使用して、ハッピーサーフィンライフを!

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php