サーフィン前海チェック, サーフィン哲学

ゲッティングアウトの場所を探す

サーフィン前の海チェックシリーズ、本日は、『ゲッティングアウトの場所を探す』です。

沖に出る場所で効率的なところを探します。

波の小さい日や流れの無い日はあまり気にすることはありません。

しかし、サイズが上がったときや、ポイントブレイクするポイントでサーフィンをするときは、しっかりチェックしてから海に入ります。

うまく行くところでは、一回も水をかぶらずに沖に出れます。

一回波に乗ったら、そのまままっすぐ沖に向かうより、わざわざ容易に出られるポジションまで回り込んだ方が、楽にゲットできることが多々あります。

波乗りの割合を増やしてパドリングの割合を減らす、というのは、ゲッティングアウトの場所を探すということからも実践できます。

効率的に沖に出られる場所の多くは、沖に引っ張られる流れです。

波は岸に向かって押し寄せ続けるわけですが、押し寄せているだけでは、世界は水に埋まります。

というわけで、もちろん岸から海へ戻ってもいきます。

地形や潮の流れにより、あるエリアでこの岸から沖への流れが発生します。

通常日本ではカレントと呼ばれています。

これを使わない手はありません。

海によく通っている人は、簡単に見つけることができます。

見つけることができない方は、よく観察することから始めてみてください。

次に効率的に沖に出る場所で多いのが、ブレイクしていない場所です。

ポイントブレイクなどのように、いつも同じところでブレイクするポイントでは、たとえ近くてもブレイク正面からはゲットせずに、回りこみます。

これについては、そこでサーフィンしているローカルサーファーたちと同じように、ゲットしていけば問題ないでしょう。

その他、効率的に沖に出られる場所は、岩やテトラポット沿いです。

ポイントによっては、岩やテトラポットが縦に入っていたりします。

その近くは、深くなっていてブレイクせず、カレントが発生していることが多いです。

岩やテトラに離れすぎず、近づきすぎず、ちょうどいいところを探してください。

これもポイントのローカルサーファーがお手本を見せてくれます。

その他にもたくさん効率的に出られる場所があるかと思います。メッセージください。こちらの記事に追加したいと思います。

というわけで、効率的に沖に出るためにゲッティングアウトの場所を探すというお話でしたが、もともと初歩的な話だと、あまり重要視してなかった私です。

しかし、海外でサーフィンするようになると、この話がいかに重要なのかと再認識しております。

どんな小さな効率でも逃すまいと、海に入る前に観察するようになってからは、パドリングの疲労が一気に減りました。

これは日本のビーチでも十分効果があると思います。

中級者以上の方も、今一度確認してみてください。

次回は、どのブレイクでサーフィンするか、です。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php