サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

サーフィンをプランする

毎回、サーフィンのプランを立てると、上達が早いと良く言われています。

波チェックをし(サーフィン前海チェックの項参照)、そのラウンドで、自分は何をするのか、何ができるのか、考えながらサーフィンすると良いようです。

  1. どこでサーフィンするか
  2. どのブレイクでサーフィンするか
  3. 何ができるのか
  4. どれくらい乗れるのか

です。

1と2は、サーフィンのポジショニングについての項と、サーフィンのために海を知るの項を参照ください。

3は、波質です。上の紫の文字の画像では、早い波、ダンパーの波、張った波の場合にできるであろうマニューバーを書きました。

巻いた早い波でオフショアが吹けば、狙いはチューブ一本です。

ダンパー気味に入ればフローターで抜けるしかありませんし、クローズドセクションはローラーコースターですね。

4は、タイムマネジメントです。ダラダラと、波が自分のところに来たなら乗るというサーフィンでは、波のことを深く知ることができません。

どこに波が入るのか、どこから乗ればマニューバーが入れられるのか、または、セットの間隔などを考えます。

時間に制限を与えると、これらのことを考えながらサーフィンしますので、結果、海の知識も付き、いい波にたくさん乗れるようになります。

うまいサーファーは、毎ラウンド、プランニングしてからサーフィンしているそうです。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php