サーフィン上達3つの過程, サーフィン哲学

サーフィン上達3つの過程【1】

波をつかまえる

サーフィン上達3つの過程とは、私がサーフィン師から口すっぱく言われたものです。

この3つを言われ続けたのではなくて、飛ばしてはならないということを口すっぱく言われたのでした。

1ができないと2はできないし、2ができないと3はできないということでした。

3つの過程そのものはとても単純なことです。

でもこの飛ばしてはならないということがなかなか奥が深くて。

事実、私も理解するのにかなりの時間を費やしました。

では早速、1つ目です。

1つ目は『波を取る』です。

波を取れるようになると、初めて波の上でのサーフィンの練習ができます。

サーフィンの一番おもしろいところです。

波を取れないと、その一番おもしろいところに行けません。

基本中の基本ですが、素人の波の取り方とプロの波の取り方は全く違います。

ということで、波を取るとは、とても奥が深くて難しいことです。

さて、上の写真を見てみましょう。

『早く早くっ!』と、手に汗をかきそうです。

そうです。迫ってきた波がホレてきたとき、もう普通のパドリングでは間違いなくパーリングです。

写真のような波をつかまえるなら、早くからパドリングを開始して、スピードをつけて思いっきり突っ込んでいかないといけません。持ち上げられる前に。

チョープーの波を取るなら、超高速パドリングのさらに超高速パドリングをしないとパーリングです。(※超高速パドリングの仕方については、文面にするのが難しかったので、興味がある方は個人的にメールでも。)

これが上級者の波を取る技術です。

正反対の小波でもそうです。超高速パドリングをしないと、取れません。

『波を取る』とは、適切なポジショニングやスピードを習得するということでした。

これが1つ目のサーフィンの基本。

私は師匠に、波も取れないのに短い板を使わないこと、と言われました。

派手なアクションのことしか頭になかったことを見透かされたようで、少し恥ずかしかったのを覚えています。

波を取る練習ができるサーフボードは、テイクオフの回数を増やし、良いポジションでテイクオフができ、結果として、ライディングがうまくなっていくということでした。

サーフィン上達3つの過程【2】【3】は、ライディングについてです。

some posts that may be related

494 Comments

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php