サーフィン上達3つの過程, サーフィン哲学

サーフィン上達3つの過程【2】

ここから自分で加速します

今日は、サーフィン上達3つの過程の2つ目です。

サーフィン上達3つの過程【2】は、『スピードを出す』です。

スピードについては、サーフィンはスピードがすべてでも話をしていますので、そちらも参照してみてください。

そして、サーフィン上達3つの過程【1】で言及したように、【1】ができないと【2】はありませんのであしからず。

この【1】も【2】も飛ばしたことで、私は初心者を5年やりました。

どうか皆様は、5年も初心者サーファーでいないよう、しっかり基礎を固めていってください。

基礎を順番通り固めた人が、結果的に、超高速で上達できます。

【1】の『波を取る』を、初級者とするならば、【2】の『スピードを出す』は中級者となります。そして、【3】が上級者です。

本題。

『スピードを出す』とは、自分でスピードを出すということです。

波から滑り降りるとき、波の力を利用するとスピードが出ます。

しかし、上級者がやっていることは、それだけではありません。

波の力で出るスピードに、自分で出すスピードをプラスしています。

波からもらうパワーは皆平等なのに、サーファーによって、スピードが全然違うのは、自分でスピードを作り出しているからなのでした。

で、この『自分でスピードを出す』ということが本当に難しくて、サーフィンの最大の難関であり、おもしろいところでもあるわけです。

私の師は、そのための練習に3年費やしたそうです。

若いころに、ただスピードを出すことだけを考えてです。

周りの友達が、短いサーフボードでリップに当てることだけを考えてサーフィンしているのを見ながら、自分は長めのサーフボードで、スピードを出す練習をしていたそうです。

結果、中級レベルの基礎を完全に固め、周りの友達より、力強くて大きなスプレーが飛ぶリップアクションを手に入れたわけです。

WQSを回っています。ISAではオーストラリア代表選手です。

これをやったか、やらないかが、上級者になれるかなれないかの差だと教えてくれました。

私も、現在特訓中です。

スケートボードでの練習方法は、スケートボードでサーフィンドライブターンの練習を参考にしてみてください。

サーフィン上達3つの過程は、概念の話です。テイクオフやパドリングのやり方、スピードの出し方は、また別の機会に。もしくは、方法論で疑問があれば、お問い合わせフォームからどうぞ。

次回、サーフィン上達3つの過程【3】はマニューバーです。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php