サーフィン上達3つの過程, サーフィン哲学

サーフィン上達3つの過程【3】

作ったスピードでマニューバーへ

サーフィン上達3つの過程最後の【3】は、『マニューバー』です。

この場合のマニューバーは、技全てを指します。

リップに当てること、カットバックをすること、スラッシュ、フローター、エアーなどなど全てです。

サーフィン上達3つの過程【2】、中級者の『スピードを出す』を手に入れると、ようやくマニューバーに入れます。

スピードを自分でつけられるようになると、思ったよりも簡単にマニューバーを入れられるようになります。

次から次へとマニューバーを覚えていくことができます。トライ&エラーでどんどん新しいマニューバーを覚えていけます。

サーフィンで唯一、一気にうまくなれる時期は、この時期です。サーフィン中毒になるときです。

それは、スピードを自分で出せるようになったから、得られることです。

私の師が言った、『【2】がなければ【3】はない』は、これでした。

まだスピードが自分で生み出すことができない時期は、マニューバーの練習をしていてもうまくいきません。

私の場合は、今はサーフィンの壁だ、などと言って自分を慰めていました。

でも本質はそうではありません。スピードあってのマニューバーです。

サーフィン上達3つの過程【1】~【3】は、とてもシンプルで当たり前の話です。

でも、忠実に順を追ったサーファーだけがリアルになれるという部分だけは、今一度頭に入れておいて損はないと思います。

次回は、スピードとマニューバーは違うもの、です。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php