サーフィンのために海を知る, サーフィン哲学

サーフィンする前に地形を描く|海を知る【11】

大事なことを伝え忘れました。

私がこれまでうまくない絵で表現させていただきました、地形の絵のようなものを、サーフィンする前に砂浜に書きなさい、と師匠から言われています。

そうすることで、その絵と実際に入ったときのブレイクなどとを答え合わせし、徐々に地形を読む力の精度を上げていくそうです。

サーフィンする前に地形を確認し、ここが深いから、ここにバンクがあるからなどを判断し、今日はここのブレイクでサーフィンしよう!と意識付けることが大事です。

乗ってみて間違いでしたら、移動し、良いブレイクを探して、何が間違いだったのか、考えてみるといいです。

砂浜に描くのは、浅いところ、深いところ、その縁のライン、波の割れ方(赤いライン)です。

考慮するのは、潮の満ち引き(今の状態と今後の動き)とうねりの向きと風向きです。

よくサーフィンのビデオ撮影をします。そのときよく思うのですが、

うまいサーファーはほぼ横へ動きません。波に乗ったあと、同じ位置に戻ります。ライトに乗ろうがレフトに乗ろうが、同じ位置に帰ってきます。いい波が割れるところはいつも同じだからです。(探しに動くことはあります。)

中級以下のサーファーは、乗ってから戻るところがいつも違います。流されてるときも気にしません。さっきはあそこで待っていたのに、今度はこっちで待っている、といった具合です。ライトに乗ったらそのまま沖に出て、岸から見て左側にポジションが変わっています。

これらの差は、ポジショニングの意識の差です。上級者は徹底してます。

サーフィンする前に、地形を考え、ブレイクを考え、どのブレイクが今日一番なのか考えてから入るだけで、自分だけいい波に乗れるようになります。

次回、サンドバンクが動く頻度です。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php