サーフィン上達3つの過程, サーフィン哲学

スピードとマニューバーは違うもの

中級者サーファーを卒業するには段階が必要

反響の大きかったシリーズ、サーフィン上達3つの過程では、中級者の課題をスピード、上級者の課題をマニューバーとしました。

誤解された方も多くいらっしゃいましたので、付け足します。

スピードをつけるということと、マニューバーをかけるということは、全く別のことです。

スピードをつけているライディングと、マニューバーをかけているライディングがあるという見方をします。

スピードを殺さないようにマニューバーをかけることはできますが、マニューバーでスピードをつけることはできません。

自分で得たスピードを使って、マニューバーで魅せます。どれだけ魅せられるかが、大会で競われているわけです。

ですので、スピードとマニューバーは、別の練習です。

中級者の段階では、しっかりスピードの練習をしようというのが、サーフィン上達3つの過程【2】の言いたかったことです。

そして、サーフボードやフィンですが、

スピードをつけるためには、長めのサーフボードで、レールボリュームがあるタイプが適しています。反発を使ってスピードを出すからです。

そして、フィンは、大きいフィンを使用すると、グングン加速できます。

反対に、マニューバーをかけるには、小さなサーフボードが適しています。

フィンも回転性が上がるように小さなフィンがいいでしょう。

大きなサーフボードと大きなフィンでは、クイックなスナップがしづらく感じます。

ただし、自分で加速できないうちから、薄い小さなサーフボードを使用すると、スピードは出ないし、マニューバーもかけられないということになってしまいます。

私の初心者5年は、全くもってこの典型です。

スピードとマニューバーは違います。マニューバーがしたいから、薄く小さなサーフボードに乗ると、スピードもつけられないので、中級者でもありません。初級者です。

これが、中級者を早く卒業する秘訣だと、私の師が言っていました。

これが私の伝えたかったことでした。

パーコのサーフボードは、ペラペラではありません。

大きなサーフボードでもマニューバーをかけられるパワーがあります。

お得ですね。スピードをつけやすいサーフボードを使用できるんですから。

ジョーディスミスにいたっては、なんだこれは?という大きなサーフボードです。

JSシェイプはサイズをボードに書かないのですが、抱えた感じ、厚みが 2 5/8″はあるように思いました。

ますますお得です。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php