サーフィンには戦略がある, サーフィン哲学

サーフィンには戦略がある【3】

まずはビーチの把握

サーフィンには戦略があるということで、今回からシミュレーションしてみたいと思います。ビーチブレイクです。

これから出てくる下手な絵は全て海を上から見ています。絵の上は沖です。絵の下は岸です。上から見たときのビーチの形状を線で書いています。

クネクネの線より向こう側が深くなっているところです。浅いところはいわゆる、サンドバンク(波が割れるところ)です。

シミュレーション用に、波の状況を設定します。

  • サイズはセットで頭、セットではない波が胸くらい、パワーある
  • セット数は少なく、セット間長い
  • 流れは絵の右から左へ、横の流れかなり強め
  • タイドはミドル、上げすぎでも引きすぎでもない、仮に上げていく状況にしよう
  • 風は合っていて、ざわつきなどは気にならない

下手な絵を描くのに時間がかかってしまいましたので、話の続きは次回にします。サーフィンには戦略がある【4】です。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php