サーフィンには戦略がある, サーフィン哲学

サーフィンには戦略がある【5】

沖のセット

 

先に設定です。

  • サイズはセットで頭、セットではない波が胸くらい、パワーある
  • セット数は少なく、セット間長い
  • 流れは絵の右から左へ、横の流れかなり強め
  • タイドはミドル、上げすぎでも引きすぎでもない、仮に上げていく状況にしよう
  • 風は合っていて、ざわつきなどは気にならない

 

まずは、セットです。これが一番狙う人が多いと思います。この日はセットが頭くらいある大きな波です。バンクにかかわらず、沖でダンパー気味に入ってきます。

まずは、このダンパー気味で入っているセットを観察しましょう。

ダンパー気味で入ったセットは、左端で、キレた波になり、走れます。

こんな簡単なことですが、みんなセットを追いかけ、一番上の青い線の真ん中辺りにパドルしていきます。ビーチで、左端がキレていることを確認することが大切です。このセットはつながった長いダンパーと過程しています。

セットではない一番良さそうなライト

次は、セットではないブレイクで一番良さそうなブレイクです。上の画像、青いラインを矢印のようにライトがキレています。

第一候補はここにします。バンクの形もいいですね!ここが一番いい波取れそうです。

セットではない一番良さそうなライト

次の候補です。急に深くなっているため、第一候補ほどきれいではありませんが、浅いところ、バンクを利用して、レフトが割れています。こちらもセットではありません。

また、右から左への流れがあるため、深い方へ向かって割れづらい感じもします。右から左への流れが見えていると、このバンクは機能し辛いな、と判断できます。

ここを第二候補とします。

第三候補のライト

最後に第三候補です。こちらも右から左への流れがあるため、レフトは割れづらく、浅くなっているバンクで、少しだけライトが機能しています。こちらもセットではない波です。

以上のように、海を眺めながら、地図を書いてみて、明確なターゲットを頭の中で組み立てます。

これを考えてから入った人と、考えないで入った人では、ポジショニングに大きさ差が出ます。ただ割れているから追いかけている人とは違って、ターゲットの波を決めている人は、余計な体力使わないで、いい波を取ることができます。

混み具合と、自分がローカルかビジターかの立場などを総合して、どの候補でサーフィンするのかは考えなければいけませんが、たとえ自分がビジターで、しかも混んでいるビーチでも、戦略次第でいい波乗れます。戦略の話はまだ先です。

まずは、このように海を見るという例をご紹介しました。

次は、サーフィンには戦略がある【6】、アウトに出るです。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php