サーフィンはスピードがすべて, サーフィン哲学

サーフィンはスピードがすべて【4】

JOEL PARKINSON

OLD SCHOOLとNEW  SCHOOLをどうしましょうか?

と聞かれたら、もうこの二つを合わせるしかありません。

OLD SHOOLのドライブとNEW SCHOOLのリッピングの速さがかけ合わさると、おそらく最高のサーフィンになるのではないかと思います。

ちょうど、パーコのようなライディングです。

彼のライディングはビッグボトムターンとビッグトップターンが主体であり、そこに現代サーフィンマニューバーを足している感じがします。

このサーフィンを自分の目指すスタイルと決めた人は、早速パーコのDVDを入手してじっくり研究するのがいいかもしれません。

私もこのサーフィンにあこがれますが、難しいですよね。

でも、目指すスタイルを決めることが大事だと思っています。

もちろん、タジスタイルやオッキースタイルもしびれるほどにかっこいいです。

人それぞれでいいと思います。

ちなみに誰がなんと言おうと世界一うまいサーファー、ケリースレーターですが、きれいすぎて特徴を言葉に言い換えることが難しかったため、今回は『スピードのタジ』と『パワーのオッキー』と『融合のパーコ』を例に上げさせていただきました。

次回、サーフィンはスピードがすべて【5】で完結です。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php