サーフィン哲学その他

サーフボードのノーズ幅とテール幅

最近は、ノーズ幅とテール幅について研究していました。

全く同じ長さと幅と厚みで、レールも同じで、全体的なアウトラインは同じで、違うのは、ノーズ幅とテール幅というボードでテストしていました。

まず最初に、全く同じサイズで形も同じボードですが、ノーズ幅とテール幅が違うだけで、見た瞬間、抱えた瞬間、違いが分かるということにびっくりしました。

ノーズ幅もテール幅も両方出しているボードが目の前に来たそのときにもう、『おっこれちょっと大きくない?』という認識がありました。これは本当に長さ・幅・厚みが同じボードなのか、と疑うくらいです。

抱えてみますともっと違いが分かりました。

ノーズ幅とテール幅とはとても大事な要素だなと今更ですが考えながら、はやる気持ちを抑えて、波乗りへ出かけました。

そして、乗り心地も全く違いました。

ちなみにテール幅とノーズ幅の少ない方が自分のマジックボードと言えるくらい調子の良いボードです。

そして新たにオーダーした長さ・幅・厚みのサイズは同じで、テール幅とノーズ幅をプラスしたボードは、今まで体験したことがないくらい調子の悪いボードでした。

これはテストした甲斐があったと思いました。

結局のところ、ノーズ幅とテール幅を調整するならば、長さなどのサイズも一緒に調整しないといけないということです。

ノーズ幅とテール幅が出ているボードは一般的にはより小波用です。

それを出すならば、長さを落とさないと、動かない重たいボードになります。たとえその他のサイズが全く一緒でもです。

よって、絶好調のボードと同じく調子よく乗るボードで、ノーズ幅とテール幅を出す場合は、長さを下げないといけません。

これらのことから、大事なモデル選択のヒントが見えてきます。

そうです。ボード選びのポイントは、長さからではなくてモデルからです。

モデルが決まった後に、長さが決まります。今の自分が希望する必要なモデルはひとつしかありません。しかし長さはいくつか選択肢があります。

どのようなサーフィンのためのボードか、ターゲットとする波、サーフィンのスタイル、実力など全てを考慮して、ぴったりのただひとつのモデルを決めます。長さはその後、調整です。2インチくらいまで選択の幅があります。

もしくは、反対の考え方ですと、長さを先に決めるならば、モデルはもう決まっているということです。

その長さで別のモデルはありません。

以上、ノーズ幅とテール幅の考察でした。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php