サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

身長が高いサーファーには大きな波が要る

身長が高いサーファーの有利な点は、なんと言ってもダイナミックで大きなアクションです。

足も手も長いですので、振り回すと、とてもパワフルです。

ジョーディスミスやデーンレイノルズのパワーは圧巻です。

不利な点は、小波に弱いということです。

これは結構致命的で、背の低いサーファーの胸の波が腹の波になるわけです。

波のサイズで、ワンサイズは大きいです。

そこで、背の高いサーファー、特にコンペティターは、狙う波を変えるとのことでした。

よりセットを狙い、より張った波を狙わないといけません。

私は、これをよく言われました。普通の波に乗っていては点数が出ない、とのことでした。

オーエンライトは190cmくらいありますが、彼の戦い方はまさにこれです。

今年のWQSを見ていたときなのですが、ドシッと沖でビッグセットを待つスタイルでした。

下ではディーンモリソンが、バッチンバッチン、普通のセットを捕まえて乗っていました。

大きく見えるマニューバーもしていましたし、エアーも決めてGOODのスコアが出るライディングを連発していました。

その間、オーエンライトはまだ沖でセット待ちです。

ようやく入ったセットを捕まえ、ハンパではないビッグアクション決めて、EXCELLENTのスコアを出しました。

乗ってしまえばパワーのあるビッグアクションで点数が出ます。

現行のルールでは、ベスト2ウェーブですので、沖のビッグセット待ちは戦略として通用します。

ということで、

背の高いサーファーは、より大きな波、より張った波を狙う宿命を背負っている、というお話でした。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php