FLOW, サーフィン哲学, サーフィン哲学その他, 小波サーフィン

波のポケット

波にはポケットがあります。

一番パワーのあるところです。

大きい波の方がポケットが分かりやすいです。チューブを巻いている場合は、出口辺りか少し深いところです。

そして、大事なことは、大きい波のときはポケットの範囲が広く、小さい波のときはポケットの範囲が狭いということです。

ですので、失速せずに乗っていけるのは大きい波です。波のパワーもそうですが、ポケットが広いため、ある程度ブレイクから離れても失速しません。

問題は小波です。パワーも無いですが、ポケットがとても小さいです。

テイクオフした瞬間、バタバタと上半身を動かし、急いで走ろうと一生懸命になるというのを卒業し、しっかりポケットの位置を意識したライディングをします。

小波こそポケットにとどまるFLOWのライディングを強く意識しないといけません。

外から見て、バタバタ一生懸命なスタイルはかっこよくないですよね。

波にはポケットがあって、小波ではその範囲がとても小さいということです。絶対に離れてはいけません。

じっくり見定めて、できるだけ大きなターンでパワーをもらってください。

小波になると、チャカチャカしてしまう方、小波こそFLOWを意識してください。

昔、全日本表彰台常連の50歳くらいの方に言われたのは、

『30過ぎるとサーフィンがもっと楽しくなるよ。波に合わせてサーフィンができるようになる。じっくり波を見れるようになる。』でした。

今になると分かってきたような気がします。

チャカチャカ一生懸命サーフィンしないで、じっくり波を見て、ポケットを意識してみてください。

(昨日、超高速パドリングするミックがいるのでは!?とお客様からメールをいただきました。セミファイナルのミックです。FACEBOOKに載せました。)

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php