サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

いい波に乗る

波の選択がとても大事です。

私の場合は、1ラウンドに20本乗れるとして、10本良くない波、5本普通の波、5本いい波に乗ります。(波によります)

師匠いわく、これが上達の妨げになっているということです。

17〜18本いい波に乗り、2〜3本良くない波に乗る、まで突き詰めるべきだということでした。トッププロサーファーはこれくらいだそうです。

小さい波、先がない波、割れて終わりの波など、悪い波は取らないということです。

もちろんそのコンディションの中でいい波と悪い波がありますので、前が閉じた波全てが悪いわけではなく、そのコンディションの中で悪い波を取らないということです。

テイクオフができて、横に走れて、さぁマニューバーを覚えるぞ!という段階のサーファーから全て、この考え方が当てはまります。

いい波をとるためには、ポジショニングサーフィン前海チェックや、サーフィンのために海を知る、ことが重要ですが、手っ取り早いところで、悪い波は取らない、ということから始めてみてください。

いい波乗ったらうまくなるに決まってます。誰でも知っていることですが、実際海に入れば、悪い波ばかり取ってしまいます。

意識から変える必要があるかもしれません。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php