サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

滑るサーフボードは台無し

最高のポジショニングで、最高のテイクオフをし、最高の加速してから、最高のボトムターンができました。

トップでツルッと足が滑り、落ちました。

これを見た、師匠が注意してくれました。

ワックスアップをサボるな!ということです。

もちろん体重の乗せ方がうまくないと足からサーフボードが抜けます。

そのときも、自分の技量のせいで、落ちたのだと認識しました。

しかしワックスアップただそれだけで、最高で迎えたリップが、決まるか、落ちるかが左右されます。

サーフボードにワックスを塗るということは、かなり昔の基本すぎておろそかになっていました。

怠けていた方、今一度初心に返ってみてください。

最近はしっかりワックスアップするようになり、滑らない!!と実感しています。

何やってたんだろう、今まで。という気分です。

次回は、ワックスコームのギザギザを使う、です。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php