サーフィン哲学, サーフィン哲学その他

滑るデッキグリップも台無し

どこの業界もそうですが、価格競争に巻き込まれると原料コストを下げざるをえません。

でも本来のデッキグリップの目的、滑らないグリップ、ここにコスト減の幅寄せがくるのでしたら、デッキグリップメーカーとして考えものです。

滑るデッキグリップはいりません。

もしも滑るデッキグリップをご使用でしたら、またもや割れた貝殻の登場です。

デッキグリップ表面のボツボツを割れた貝の先で、傷つけて下さい。

思いっきりやって大丈夫です。ボツボツが切れてグリップ力が上がります。

もしくは、デッキグリップにワックスを塗って下さい。

滑らなくなります。

デッキグリップにワックスとは、なんだか本末転倒な感じですが、滑るのでしたらやったほうがいいですよね。

ミックファニングは、いつもワックス塗っています。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php