スケートボード

スケートボードでサーフィンドライブターンの練習

前々回のメルマガにて、スケートボードにてイメージトレーニングをする師匠の動画を見ていただきました。

反響がものすごくありました。これについてのお問い合わせをたくさんいただきました。

ありがとうございました。

(まだ見てない方でご希望の方は、メルマガ登録後、バックナンバー希望の旨をお伝えください。)←こちらの動画の配信は終了しました。

皆さんが一番興味を持たれたのは、ドライブターンです。

グッとスピードを出す練習は、サーフィンで一番必要な部分です。

初中級者と上級者の差はここにあります。

スケートボードを使用して、そのドライブターンの練習をする方法をご紹介します。

チクタクで坂を上がる、です。

必ずスケートボードが止まっている状態から、スタートします。助走はつけません。

これは、スケートボード入門編になりますが、スケートをあまりしない人は最初は難しいです。

グッと体重を乗せないと、坂を上っていきません。

最初は、ほんの少しの坂でやってみてください。道路の端から中央に向かってある、なだらかな上り坂などはちょうどいいと思います。

そのグッとなる瞬間が、サーフィンで自分で加速すると同じです。

注意点は、チクタクは細かいターンですので、これはサーフィンにはよくないことです。

あくまでもグッと加重する練習のみです。

サーフィンでは、大きなターンが必要です。

チクタクの癖でちょこちょこするとサーフィンのラインが小さくなりますのでご注意ください。

自分でスピードをつける感覚を養ってみてください。

止まっている状態から坂を上るということは、自分でスピードをつけたということになります。

今までできなかった場合、できたらかなりの上達幅と思います。

ご質問はお問い合わせください。

some posts that may be related

8 Comments

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php